ぐんまフィルムコミッションとは

(Click here for English)

撮影するなら群馬県

群馬県は、日本列島のほぼ中央にあって、県西・県北の県境には山々が連なり、南東部には関東平野が開ける内陸県です。地震や災害などの自然災害が比較的少なく、日照時間や快晴日数は全国上位に位置しています。東京から100キロメートル圏内に位置し、高速交通網で全国各地と結ばれている抜群のアクセスを誇っています。美しい自然と、行政、工業、商業などの機能を持つ拠点都市が県内に分散し、多くの撮影資源に恵まれています。

充実した交通ネットワーク

群馬県は東京から約100km圏内に位置し、練馬ICから高崎ICまで約1時間。関越、上信越、北関東、東北の各高速道路で全国各地と結ばれており、撮影地から撮影地への移動にも便利です。

安定した環境でロケ撮影可能

恵まれた天候

天候に左右されやすい屋外での撮影では、撮影当日に雨ということもしばしば。群馬県は、年間の日照時間が全国5位、快晴日数が全国7位と上位に位置しています。降雪量は平野部では比較的少なく、市街地での降雪は年間で数日程度。一方、高崎ICから40分程度で山間部の雪景色を撮影することができます。
※出典 総務省統計局「統計でみる都道府県の姿2019」

豊かな自然

群馬県は、関東平野の北西部に位置し、平野部から山岳地帯まで変化に富んだ自然が特徴。「尾瀬」や、日本三大岩場の「谷川岳」、日本三大奇勝の「妙義山」、国内最長100キロメートルの「ぐんま県境稜線トレイル」、本県を源流とする利根川をはじめ、多くの湖沼、渓谷などがあります。また、日本の春の象徴である桜は、標高差があるため、平野部から順にシーズンが長く続きます。そして、旅番組には欠かせない温泉地の数は100カ所以上で関東1位。日本の名湯、草津・伊香保・水上・四万温泉はもちろん、秘湯や高原・川で楽しめる温泉などがあります。

災害が少ない!

1923年から2019年までの震度4以上の地震回数は、関東近県と比べて少なくなっています。

ぐんまフィルムコミッション

ぐんまフィルムコミッションでは、映画、ドラマ、テレビ番組(情報番組、旅番組、バラエティー番組等)等の撮影について、県内のロケ地の紹介やご案内、撮影支援を行っています。また、県内の市町村や地域フィルムコミッション等と連携し、県全体の窓口としてロケ地の紹介等も行っています。

支援の目的

ぐんまフィルムコミッションは、群馬県内に映像作品を積極的に誘致することにより、観光誘客の促進、地域経済の活性化、イメージアップにつなげることを目的に活動しています。

支援内容

  • ロケ地の紹介
  • ご要望に応じて、シナハン・ロケハンへの同行
  • 撮影時の立会い
  • ロケ関連情報(食事、宿泊等)の提供
  • 撮影に関する許認可等手続きの案内
  • エキストラ募集への協力
  • 支援作品の情報発信(サイト、SNS等)
  • その他、撮影に関する相談

運営団体

名称
ぐんまフィルムコミッション
運営団体
群馬県産業経済部戦略セールス局eスポーツ・新コンテンツ創出課ロケ誘致推進室
住所
〒371-8570 前橋市大手町1-1-1
電話
027-897-2970
FAX
027-223-1197
Mail
kontentsuka@pref.gunma.lg.jp
アクセス
電車・バス:JR両毛線前橋駅下車、バス約6分
車:関越自動車道前橋インターチェンジから国道17号経由、約10分
ロケ地お気に入り