2020年12月21日更新

碓氷第三橋梁

碓氷第三橋梁

明治25年4月に建設が始まり、芸術と技術が融合した美しいレンガのアーチ橋で、川底からの高さが31mあり、我が国最大のものです。

この4連の雄大なアーチ橋は通称「めがね橋」として親しまれています。橋梁は、第2橋梁から第6橋梁までの5基が残っており、すべてが煉瓦造りで国重要文化財に指定されています。

めがね橋の上を、遊歩道アプトの道(横川駅から旧熊ノ平駅まで、廃線跡を利用した遊歩道)が通っています。旧国道18号から橋上まで通じる階段は、めがね橋奥にあります。

目次

施設紹介
ストリートビュー

施設紹介

施設名称
碓氷第三橋梁
所在地
〒379-0307 群馬県安中市松井田町坂本地内
車でのアクセス
上信越自動車道松井田妙義インターチェンジから約20分
駐車場
市営無料駐車場約20台
お問い合わせ先
群馬あんなかロケーションサービス
電話
027-382-1111

ストリートビュー

ロケ地お気に入り